ヴィンヤード

Vineyard

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中井観光農園

父は余市で最初に本格的なワイン用ぶどうの栽培を始めた1人。主の品種は、ケルナー、ツヴァイゲルト・レーベ、ミュラー・トゥルガウ、バッカス、ドルンフェルダー、ピノ・ノワール。有機質肥料を多く取り入れた安全・安心な果物を提供しています。テラスから見下ろす景観は、果樹園やシリパ岬や余市湾が一望できます。

木村農園

フランス・ブルゴーニュ地方を代表する品種「ピノ・ノワール」を植樹した先代から引き継ぎ、主に栽培しています。酸味と渋みのバランスや華やかな香りは、ピノ・ノワールならではの魅力。ほかの品種に比べて収穫量が少なく、栽培が難しいといわれますが、長年培ったノウハウを生かし、気候をみながら育てています。手塩にかけて育てたこの味わいを是非皆さんで楽しんでほしいですね。

野菜生産農家

Vegetable growers

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

エコファーム

生態系(エコシステム)を尊重した有機栽培(無農薬・無化学肥料)を大原則とし、えこふぁーむ(Makino Ecological Farm)と命名しました。単に安全で美味しい食品を生産することを目的とするのではなく、経済効率のみを優先する近代農業に対抗して、すべての生命を尊重して環境と健康に配慮し、自給的かつ共生的な社会を目標にした実践運動としての農場です。大量生産・大量消費とは正反対の等身大の農業を心掛け、多品種少量生産に徹しています。

野菜生産農家

Vegetable growers

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装飾品

Accessories

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

amarillo

札幌を拠点に活動する、革作家のタカハシアイリさんによるレザーブランド、amarillo(アマリージョ)。北海道の野生エゾシカの革を主に使ったハンドメイド作品で、さまざまな種類・カラーの革を独特の編み込み手法を特徴とする、主に一点もののレザークラフトです。今回ワインリストをエゾシカの革を使って作っていただきました。

グッドマン ジュエリー ワークス

goodman jewelry works(グッドマン ジュエリー ワークス)は、乾哲郎さんによるジュエリーブランド。札幌のアトリエでカジュアルで品の良いジュエリーを生み出しています。今回ナフキンリングとカトラリーレストとワインリストを繋ぐ金具を作っていただきました。

インテリア

Interior

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ランプシェード 長沼

火、水、風、光、重力、張力、遠心力。そこに存在する自然のエネルギーに身を委ね、掬いとる様に形成していく宙吹きガラスに魅了されています。 自らの息づかいと身体から探りだす、心地よいリズムと心地よいフォルム。そこに掘りを施し、さらに筆で色をのせ、立体感のある景色を作り出しています。今回、照明のテーブルランプを作っていただきました。

インテリア

Interior

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SCHOOL BUS

ビンテージ古着や雑貨、コーヒーなどを扱うショップです。店内スペースはギャラリーとしてや、各種イベントでもお使い頂けます。今回、流木のハンガーとペーパーホルダーを作っていただきました。

ドアノブ 島牧

ドアノブ 島牧の古澤 俊輔さんに玄関とレストランとヴィラを繋ぐドアノブを流木を使って作ったいただきました。

ドアノブ 島牧

ドアノブ 島牧の古澤 俊輔さんに玄関とレストランとヴィラを繋ぐドアノブを流木を使って作ったいただきました。

Vessel

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JUNIO

2005年茨城県守谷市に吹きガラスのスタジオ JUNIO glass studioを立ち上げJUNIOとして活動を始めました。そして2011年東日本大震災を期に北海道の余市町へ移住。ガラスは一旦お休みし2013年よりセラミックによる活動を本格的に開始しました。土のさまざまな質感に惹かれ釉薬とのコントラストが伝わるような「使い手が見て、選び、楽しむ」をコンセプトに ”シンプル” にプラスされた余白ある形の提案をしています。

五輪窯

佐賀県有田で10年間修行をし、数々の美術展に入選され縁あって昭和62年に余市に築窯をされ磁器食器を中心に、磁器のせとものとは違う厚さ、ろくろ目、土の柔らかさを持ってる焼き物作りを目指して、日常的に使われる器であるという意識を芯に飽きの来ないシンプルなデザインが特徴的です。

建物

Building

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

設計 フーム空間設計

設計の基本は「機能もデザインも性能も」ですのでデザイン優先とか機能優先とかという発想はありません。「もとからあったような」とか「自然の中にとけ込むような」「懐かしいような」デザインの空間作りを心がけております。目に刺激のあるギラギラ、ピカピカ、テカテカや尖ってる感じはたとえ希望されても出来ません。それからメーカーの既製品を極力買わずに現場もしくは町工場で作る努力をしております。

施工 松田工務店

建物

Building

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------