登のワイナリー

Nobori’s Winery

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドメーヌ タカヒコ

ブルゴーニュのようでありながらこの土地でしか成得ないワイン。お出汁のような透明感と一口ごとに深まる味わいと香りは日本人が本来感じるべき味わいであり、失われつつある味覚を奮い立たせてくれる。初めて口にしても、心地よい懐かしさすら感じる。

ドメーヌ アツシ スズキ

新植のものは、自らの畑での経験に基づいた、それぞれの葡萄に適した仕立て。データを自分のフィルターにかけ体験しながら取り組む姿勢は更なる飛躍を感じさせる。株間1.1m間隔の密植。ピュアな味わいでありながら、しなやかであり、伸びやかで力強い。

ドメーヌ アツシ スズキ

新植のものは、自らの畑での経験に基づいた、それぞれの葡萄に適した仕立て。データを自分のフィルターにかけ体験しながら取り組む姿勢は更なる飛躍を感じさせる。株間1.1m間隔の密植。ピュアな味わいでありながら、しなやかであり、伸びやかで力強い。


ドメーヌ・モン

ピノグリの醸し白ワイン
現行のものでは、貴腐の搾りかすに通したピノノアールのブランドノアールは白の絞りかすとしての使い方としては世界的に例を見ず、味わいをふくめ、新たな可能性を広げた。造り上げるワインはどれもきれいで伸びやかな味わいで余市のワインに新たな一面をもたらしてくれた。

登醸造

近郊の小規模ワイナリーでは珍しい中温20℃での発酵管理で旨味を深める。ツヴァイゲルトレーベらしい素朴さと強さを綺麗に表現している。

登醸造

近郊の小規模ワイナリーでは珍しい中温20℃での発酵管理で旨味を深める。ツヴァイゲルトレーベらしい素朴さと強さを綺麗に表現している。



ノボリンファーム

ピノ系統主体でアクセントのソーヴィニョンブランの混植による白ワインの醸造。現行のものは10Rワイナリーでの醸造。(2018年の仕込みから自社によるもの)ココファーム時代の栗沢ブランを彷彿とさせるクリアでミネラリーで優しい果実味。開墾から様々な道のりを経た背景を透明感の中に感じる。

リタファーム

南向きの風通りの良い斜面で余市に多い灰カビや病気のリスクが少なく、除葉、防除の必要性が極めて少ない立地。自然酵母による発酵で実直で素朴でしみじみと旨味を感じる。スパークリングですら滋味深い。

キャメルファーム

イタリアでもなかなかお目にかかれない近代的な設備。余市の中でもワイン用ぶどうの生産を牽引してきた藤本さんの畑を引き継ぎクリアなワインを産み出している。2017年の醸造からスパークリング中心に醸造。